みやぎ地名の旅

太宰 幸子

地名にはさまざまな由来がある。地形や地質を表すものをはじめ、金属由来、災害や崩壊、アイヌ語、職業、信仰に関するものなど。本書は、宮城県内35市町村にある165の地名を取り上げ、なぜこうした呼び名が付いたのかを、由来別に解説している。普段、何気なく呼んでいる地名にはいろんな“秘密”がある。
◆四六 判
◆212 ページ
2011年02月02日発売
864円(税込)  注文数
◆内容、目次
第一章 地形を表す地名パートI
第二章 地形を表す地名パートII
第三章 金属地名
第四章 災害・崩壊地名
第五章 地質を表す地名
第六章 アイヌ語で解ける地名
第七章 職業に関する地名
第八章 信仰などに関する地名
第九章 人名に由来する地名
第十章 合成の地名
第十一章 行政に由来する地名
第十二章 暮らしに由来する地名

その他関連商品
  • LET’Sみやぎ2017   35市町村の祭りイベント年鑑
  • みやぎ防災ガイド2017
  • 《予 約》 医療と健康2017-2018
  • 地名は知っていた<上> 気仙沼〜塩竃 津波被災地を歩く
  • LET’Sみやぎ2016
  • 表現者たちの「3.11」震災後の芸術を語る
  • 中高年のための安全登山のすすめ
  • 七月十日は灰の町
  • 東日本大震災復興研究III 震災復興政策の検証と新産業創出への提言
  • 河北スタンダード宮城2015年7.8月号−vol.7
  • 忘れかけの街・仙台 −昭和40年頃そして今−
  • 河北選書 牡鹿半島は今 被災の浜、再興へ