カタカナ語 目からうろこ

大津 幸一

クール・ビズ、セレブ、アラフォー、キャリア、ブログ、アポ…。「カタカナ語」は、なぜこんなに氾濫しているのか。
 オシャレだから、インパクトがあるから、便利だから―などの効用・効果を考え、語源も探りながら、カタカナ語の謎、魅力にせまる。読めば「なるほど」とひざを打つ一冊。
◆四六判 判
◆150 ページ
2010年11月07日発売
864円(税込)  注文数
◆内容、目次
I   オシャレ効果part1
II   オシャレ効果part2
III  オブラート効果
IV   インパクト効果
V   そのまま効果
VI   便利効果
VII  アバウト効果
VIII  気をつけたいカタカナ語
IX   カタカナ語私論



その他関連商品
  • さがすこだわるつくる 地域づくり論
  • 春をいろどる みやぎ桜見聞録
  • 記憶の中の仙台 −吉田兼彦・淡彩画集−
  • 河北スタンダード宮城2014年9・10月号−vol.2
  • よみがえる仙台の建築 戦災から10年
  • 薪ストーブと暮らす
  • ごっつぉうさん 伝えたい宮城の郷土食
  • 河北スタンダード宮城2015年9・10月号−vol.8
  • 東日本大震災復興研究III 震災復興政策の検証と新産業創出への提言
  • とうほく方言の泉 ことばの玉手箱〈中〉
  • 育なび みやぎ 2017
  • 《予約》守り抜いた医の灯 公立相馬総合病院の軌跡